メインメニュー

FAQ(よくある質問と回答)

メインページ »» 糖尿病

目次


糖尿病の新しい診断基準を教えて下さい。
日本糖尿病学会の診断基準は、かなり複雑ですが、ポイントは以下のごとくです。
採血検査で、
・血糖検査で、
・空腹時血糖値が126mg/dl以上
・75g糖負荷試験の二時間血糖値が200以上
・随時血糖値が200以上
・HbA1cが6.5%以上
のどれか2項目があれば、糖尿病と診断します。

1項目だけの場合は、糖尿病型と呼び、再度再検査します。
また、上記の採血検査で1項目があてはまり、口渇や多飲多尿などの高血糖症状の既往があるときや典型的な糖尿病性網膜症があれば、糖尿病と診断します
境界型糖尿病といわれました。どうすればいいですか。
境界型糖尿病とは、糖負荷試験で、血糖値が正常よりは高いが糖尿病よりは低いという状態で、いわゆる糖尿病予備軍です。
一度にたくさんの糖質を処理する能力が少し低いわけで、インスリンの働きが落ちているために起こります。
糖負荷試験の時にインスリンも同時に測るとその点がはっきりします。
インスリンの働きは加齢と供に落ちていきますから、今の生活を続けていくと将来糖尿病になってしまいます。

まず、太っている方は減量して下さい。
痩せるだけでインスリンの働きはぐんと良くなります。
また、ばか食いやアルコールの多飲は禁物です。
一度に多くのカロリーをとると、弱っているインスリンの働きをさらに弱めてしまうからです。
運動は、インスリンの働きを高める作用があり、毎日心掛けて下さい。
毎年、糖負荷試験を受けることをお薦めします。

血糖値とはどういうものですか?
血液のなかに溶けているブドウ糖を血糖といいます。
体の細胞のエネルギー源となります。
食事をすると炭水化物が腸管で消化され、ブドウ糖となって血液中に吸収されるため血糖値が上がります。
空腹になると、肝臓や筋肉、脂肪組織からブドウ糖が作り出されて血糖値が下がらないよう調節しています。
健康な人では、血糖値は空腹時で110mg/dl未満です。
血糖値をむやみに高くしないように働くのがインスリンです。
近年インスリンの作用や分泌の仕組が分子のレベルで解明されつつあります。
インスリンは膵臓のランゲルハンス島で作られ、血糖値が高いという指令で分泌され、肝臓や筋肉に糖を取り込ませて血糖値を下げます。
肥満、過食、運動不足、加齢、高血糖などでインスリンの働きが悪くなるので注意してください。

グリコヘモグロビンエーワンシーという検査はなんの検査ですか?
グリコヘモグロビンエーワンシーというのは、長い名前なので略して言うことが多いですが、英語ではHbA1cと書きます。
糖尿病のコントロールを診ていくうえで、一番大事な検査です。
即ち、採血した日からさかのぼって、約2ヶ月の血糖値のコントロールを示すものです。
血糖値は、空腹では低く、食後に上るというように、非常に変化しやすいので、一ヶ月に一ー二回の検査で糖尿病の具合を見るには不十分な検査です。
約2ヶ月の間に、ゆっくり変化するグリコヘモグロビンエーワンシーを検査して、糖尿病のコントロールの良し悪しを診ることが大切です。
HbA1cの正常値は、日本全国の医療機関一斉に2012年4月から変更となりました。世界の標準値の合わせるためです。2012年4月からの正常値は4.6-6.2%です(それ以前は、4.3-5.8%が正常範囲でした)。糖尿病と診断された方は、HbA1cを6.9%未満に保つよう治療することが大切です。これより高い方は、食事や運動を工夫して、生活の中で、血糖値を下げる努力をしてください。それでも下がらなければ薬が必要です。
しかしながら、健康診断では、基準が違います。2012年度は、5.1%以下を正常値としています。軽い糖尿病や境界型糖尿病を見逃さないよう厳しい基準となっています。来年度は、また健康診断の正常値も変更になる予定ですので注意してください。
糖尿病があります。秋の検診で血糖値が115、1月の検査で、389でした。血糖値はこんなに変動するものでしょうか。
血糖値は、健康な人の場合、80-160mg/dlにコントロールされています。
健康な人が食べ過ぎても、余分な栄養分は肝臓や、筋肉、脂肪組織などに蓄えられ、血糖値がむやみに上がらないように調節されています。

血糖値の調節は、インスリンというホルモンが行いますが、糖尿病の方では、このインスリンの働きが弱いために、食べ過ぎるとすぐに血糖値が上がってしまいます。
ご質問の方は、お正月に過食があり、こんなに血糖値が上昇したのでしょう。
当院の糖尿病患者さんも、年末年始の過食と運動不足の影響で、1月、2月は1年中でもっとも血糖値が上がっています。
過去1-2ヶ月の血糖値の目安であるHbA1cも高くなる方が多く、いかに早く下げるかが、この時期の課題です。
基本に戻って、食事、運動療法をやりなおしてください。、場合によっては強いお薬も必要です。

健診で血糖値が高かったのですが自覚症状もないのに治療をする必要がありますか。
糖尿病は口から食べた栄養が十分使い切れずに血糖値が上がる病気です。
血糖値が急に高くなると口渇や多尿といった糖尿病特有の症状が出ますが、徐々に血糖値が上がると自覚症状が出にくく発見が遅れやすいのです。
そして長い間放っておくと眼底出血、手足のシビレ、腎不全などの余病に苦しむ結果になってしまいます。
糖尿病と言われたら、症状もないうちから血液検査をして食事や運動の指導を受け、余病を出さないように上手に糖尿病をコントロールすることが必要です。
糖尿病専門医の立場から言うと、過去一ー二カ月の血糖値の目安である、グリコヘモグロビンエーワンシーという検査が最も大事で、これを定期的に測って余病の出にくい範囲に保つ様に治療するがことが大切です。
今感じている健康をずっと維持できるよう、ぜひ定期的に医師や栄養士の指導、治療を受け実行することをお勧めします。

糖尿病にはどんな薬がありますか?
糖尿病の治療の目的は糖尿病の余病を出さないことです。
また余病が出てしまった方は、それ以上進ませないようにすることです。
そのために、血糖値をコントロールする必要があるわけです。
糖尿病の薬としては、血糖値を下げる薬と余病を防ぐ薬とがあります。
血糖値を下げる内服薬は、
1)インスリン(血糖値を下げる唯一のホルモン)の分泌量を増やす薬
2)インスリンの働きを強くする薬
3)摂取した炭水化物の消化吸収を遅らせる薬の3種類があります。
その他に注射薬として、
4)インスリン製剤
5)GLP1製剤
があります。近年血糖降下剤は種類が増え、色々使えるようになりました。しかし、使う方のインスリンの分泌量や強さ、また食事内容、合併症の有無などを調べて、最も適したものを、必要最少量使用することが大切です。


このごろ足先がしびれ、糖尿病のせいだろうと言われました。どうすればよいでしょうか?
糖尿病は放っておくと十年余りで、気づかないうちに神経、眼、腎臓等が傷んだり動脈硬化が進んだりと厄介な余病が徐々に出てきます。
糖尿病のために毎年三千人が失明し、六千人以上が人工透析を始めなければなりません。
自分だけは大丈夫だと思わず糖尿病と言れたら、必ず定期的に専門医の診察を受けましょう。質問の方は知覚神経が傷んでしびれていると思われます。
先ず血糖値をよくコントロールしてください。次に神経の栄養剤や治療薬を服用し、治りにくい場合は点滴や高圧酸素療法なども受けてください。
また他の余病の検査も必要です。ご自分で注意することは第一に適切な食事。
医師や栄養師の指導を受けて必ず守ることです。
そして充分な運動。一日六千歩以上歩き、体操をするとよいでしょう。
糖尿病の余病を進ませないように是非頑張ってください。

病院で糖尿病と診断され、体重を落とすために運動をするように勧められました。どのような運動をしたらよいですか?
まずは、歩くことを中心とした、日常生活での活動量を増やしましょう。

人間が活動するということは、必ずエネルギー源である糖質や脂肪を燃やします。特に、歩くという運動は、下半身の大きな筋肉を使いますので効果的です。

速さは、ご自分の感覚的な疲れで「ちょっときついな」くらいの速さで歩きましょう。
この感覚は、呼吸が少しあらくなる、汗ばんでくる、心拍数が110〜130拍/分くらい、おしゃべりができるというような感覚です。
これ以上の疲れの感覚ですと、筋肉疲労の原因である乳酸という物質が筋肉に蓄積したり、肝心の脂肪が燃焼しません。
脂肪は運動後すぐに燃焼しにくく、十分燃焼し始めるのが、20分くらいからです。

ですから、ウォーキングなどの全身的な運動を最低20分以上持続して、効果的に脂肪を燃焼させましょう。
運動時間は、食後30分から90分の間が最も効果的です。食後血糖値が上昇してきたところを運動して使っていけるので、食後の血糖値のピークが下がり、インスリンの節約になるからです。食前の運動は避けてください。低血糖をわざわざ作ってしまったり、運動の後おなかがすいて食べ過ぎてしまう傾向があるからです。
最もお勧めの運動時間は夕食後です。朝食前や夕方でなく、食後に運動しましょう。
糖尿病があります。インフルエンザの予防注射は受けた方が良いでしょうか?
インフルエンザはインフルエンザウイルスA型(香港かぜやソ連かぜ等)やB型が、気道をおかす伝染性の強い感染症です。
通常は発症してから一週間くらいで治りますが、中には肺炎や脳炎などを起こして死ぬこともあり、油断はできません。
インフルエンザワクチンは、今までに流行したウイルスの種類から、今年流行しそうな亜型を専門家が予想して作られます。
予防接種を受けていれば、予想通りのウイルスに感染した場合は軽くすみます。
しかし、違う亜型のウイルスにはあまり抵抗力はつきません。
副作用が非常に少ないワクチンですが、卵アレルギーのある方はさけてください。糖尿病の方は免疫力が弱まりやすいので、予防接種は受けられた方が良いでしょう。
また、お年寄り、幼児や、喘息等の呼吸器疾患、腎不全等の慢性疾患をお持ちの方もお勧めします。

糖尿病性の眼底出血があると言われて驚いています。気をつけることは?
糖尿病を長く患っていると、余病が出てきます。
眼底の異常は網膜症といいますが気が付かずに放っておくと危険です。
毎年、3000人もの方が、糖尿病のために失明しているのです。
糖尿病に気づいたら、自覚症状がないうちから、一年に一度は眼底検査を受けましょう。
眼底の出血や白斑が小さく少なければ(単純性網膜症)、血糖値、血圧、その他の内科的な要素をコントロ-ルすることで、網膜症は抑えることができます。
しかし、病変が進んでくると(前増殖網膜症や増殖網膜症)内科の治療だけでは治せず、眼科で造影検査を受けレーザー治療などをしてもらう必要があります。
また、眼底の黄斑部というところに異常が出る(黄斑症)と、早期に失明することもあり注意が必要です。
網膜症は、手遅れにならないうちに、内科と眼科が協力して治療に当たる必要があるのです。

糖尿病があります。歯槽膿漏の治療中ですが、抜歯はできますか?
糖尿病の方は、歯周病(歯槽膿漏)になりやすいようです。
歯周病は、食べかす(特に甘いもの)によって、口腔内が酸性になり、歯と歯肉の間にプラークがたまることから起こります。
糖尿病が進むと、唾液の分泌が少なくなってさらに歯周病が悪化します。
また、血糖値が高いと、細菌に対する免疫力が落ちるため、感染もしやすくなります。
歯周病を防ぐには、プラークを残さないように、毎食後上手に歯磨きをすることです。
歯科の先生によく教わりましょう。

糖尿病の方は、感染しやすく、また止血しにくいのが特徴ですので、抜歯が必要なときは、必ず歯科医に糖尿病であることを告げ、内科医に抜歯が可能かどうか聞いて下さい。
全身状態が落ち着いていれば、空腹時血糖値で140mg/dl以下、または、HbA1cで6%台ならおおむね抜歯は可能です。



Copyright © 1999-2007 Murayama-naika clinic all rights reserved.